限界を超えると

任意整理というものは負債整理というように呼ばれていておのおのの貸し手へ返金を続けることを前提とした債務を整理する方法なのです。

 

実際の手続きとしては司法書士有資格者または弁護士有資格者債権を有する者とあなたの間に立って話し合って利息を定めている法律に従って利息の再適用を行い新たに計算しなおした借入金の元金にかかってくる金利を削ったことにより3年くらいの期間内で返済を目指す債務整理計画です。

 

任意による整理は裁判所などをはじめ公的機関が手出ししないため別の選択肢と比較した場合でも手続きを取った場合における不利な点が最も小さく手順も依頼者にそれほど圧力になることがないので真っ先に比較考慮してもらいたいやり方といえるでしょう。

 

それに、貸し手がサラ金のように高額なの場合には利息制限法という法律で決められている貸出利息を超えて支払った金利分については借入金の元金に充当すると考えて借入元金を減らしてしまうことも不可能ではありません。

 

ですから、サラ金などの大変高額な年利を取る業者に対して長い間返してきた場合だとある程度の金額を免除できる可能性もありますし10年近く返し続けているケースなら元金そのものがクリアーになることもあります。

 

任意の整理のメリットについては破産とは異なり特定のお金だけをまとめていくことになるので、連帯保証人が付く借入を除き手続きする際や自動車ローンを除き手続きをする際等でも活用することも可能ですし築き上げてきた資産を処分してしまうことは要求されていないためマイカーや土地などの個人資産を保有していて、放棄したくない状況でも活用できる債務整理の方法になります。

 

いっぽう、これからの返済金額と実際の収入額を検討して返済が見通せるようであればこの手続きを進めるほうが良いといえますが自己破産と違って返済義務そのものがなくなってしまうのではありませんので元金の額がだいぶある場合などは、実際に任意整理の手続きを進めることは難しくなるということがいえるでしょう。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 限界を超えると
  2. テスト