ノートパソコンでも気軽に出来る

現実にノートパソコンのディスプレイの前で、止まることなく上下している為替相場を見てしまうと何となくエントリーをしなければいけないという衝動に影響される場面も多かったりします。

 

でも、あやふやな感覚で取引することは、断じてしてはいけません。

 

確かに、外国為替市場は年中どういう時でも為替市場はやっているし為替レートもいつでも、変動しています。

 

そうであっても、何度もエントリーを重ねていると、その分だけ損をする確率が高まってしまう。

 

当然、トレードの数を重ねることによってだんだんと稼げる確率が半々に近づくのは事実です。

 

けれどもその事は「明確でないアイデアで売買」とは話が違います。

 

注文回数を重ねる事の意味は自ら「ここは勝てる」と考える確信を得られた状況での注文回数を積み重ねるという意味です。

 

理由がなく、次々と取引を積み重ねるのとは異なります。

 

マーケットの戦いにi挑むには思案してメリハリをつけることが重要です。

 

「ここで勝負」とよく考えた外国為替市場の時には覚悟を決めて所有ポジションを買い増して、積極的に利益を狙います。

 

「少し頭をかかえる市場で、どう変化するのか読めないな」と感じた時は、諦めてポジションをひとつ残らず諦めて何もしません。

 

このぐらいのメリハリがあったほうか結果的に売買はうまくいくものだ。

 

為替相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

文字通り言葉どおりだと思います。

 

FXとは常時売買ポジションを保有する事がすべてではなくどれも持たないでじっとしていることも場合によっては外国為替相場です。

 

では、いつ、休めばよいのだろうか。

 

第1に考えられるのが、先述した通り、これから先の外国為替相場が理解できない時です。

 

現状からどうなるのか決断できない時は、思いつきで行動すると、自分自身で思い描いたストーリーとは逆に外国為替市場が動いてしまい、損をする事になります。

 

だから、そうしたケースではポジションを整理してそのまま何もぜずに静観を決め込むのがいいと思います。

 

2番目に、あなた自身の健康状態があまりよくない時です。

 

体調と為替相場に影響ないと感じる投資家もいるだろうが。

 

実は意外につながりがあります。

 

体の具合があまりよくなければ外国為替市場の決断しなければいけない局面で、正しい決定が難しくなります。

 

気乗りがしない時はFXから遠ざかる事も大切な事です。